ボタンと手織りと猫のまいにち

アラ50夫婦と猫3匹のゆるーい毎日をつづります。 さをりという自由な感覚の手織りと、夫の作る樹脂ボタンはユニークな個性にあふれていて面白いです。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

mizum工房の日々 



  工房を開設してから数か月、少しづつ通ってくださる方も増えて、にぎやかになってきました。
  自分の製作も素材がウールから綿に変わり、季節が移ろいます。
お試し体験用の経糸(黒)も二人分用意がありますので、ぜひ織を試してみてください!

a href="http://blog-imgs-104.fc2.com/m/i/z/mizumm/P3293245_convert_20170402025605.jpg" target="_blank">P3293245_convert_20170402025605.jpg

スポンサーサイト

mizumボタン 第3弾 


 

   mizum工房の樹脂ボタンが、第3弾として密買東京にて取扱い中!
   まだ在庫が残っているようです。
   どんなボタン?と思われた方は、ぜひのぞいてみてください。

   PA232790_(2)_convert_20170104130038.jpg
     ※ 画像のボタンは取扱いの内容とは異なります

     密買東京HP
           「 風景のあるボタン 」   http://www.mitsubai.com/tokyo/product/tk028503.html

   

新しい年に向けて 

   

   教室セピア
  
      
   静かに2017年を迎えました。
    
   お世話になった皆様には心よりお礼申し上げます。

   



   駅伝など観ているとふと去年の今頃の事を思い出したりします。
   
   まだ、たった、1年前のことが、とても、昔のことのように思えたり、昨日のことのように感じたり。

   とにかくいろんなことがあったので。

   思い返している余裕もなく。

   すでに後悔もあるし。

   そして迎えた新年。


PC28296丹羽さん帯


   新しい事も始めました。

   夫が以前にカフェをやりたいなんて、言ってたことがありました。

   あれは本気ではなかったと思うけれど、なにか二人で始めたかったんだろうなあ。

   さをり織りの教室は自宅近くの店舗物件。

   パン屋さんの2階なので午前中は、良い香りに包まれて とてもしあわせな気分にさせてくれます。

   そして、これから身の丈に合った活動を長く続けて行けること、それが願いです。

   見守っていてください。

   
   お部屋をかたずけているというのに、大事なミシンの上に何の抵抗もなく乗ってしまう、
   この猫、愛しい存在です。
    PA082667ミシンの上のこまる
 

mizum工房 手織部 改良してます(^^♪ 



12月1日に静かにスタートしたmizum工房・手織り部ですが、少しづつ整ってきましたのでご紹介します。



織機の部屋
PC082882_convert_20161209112953.jpg
織機もいろんな機種が集まっているので、なるべくご自分の使っているものと同じもので対応しようと思います。





こちらが作業場兼食堂(笑)
引き出し付きのテーブルが欲しくて購入しましたが、作業するにはちょっと小さいようで、ただいま検討中。
日当たりが良く、冬の陽ざしは奥まで届き、この間古いエアコンのカバーを縫っていたら
顔に陽ざしが当たって日焼けしたようです。
PC082879_convert_20161209112934.jpg



玄関からの様子。
PC082883_convert_20161209112622.jpg
まだ段ボールが残っていたり雑然としていますが、廊下ではない利用方法を考えようと思っています。




お祝いいただいたお花の中からひとつご紹介します。

送り主のこだわりが詰まった「 グリーンだらけ 」のアレンジです。
見えないけどハスの実も忍んでいてとても楽しい!
花のアレンジとは違う、独特な清々しい香りが広がっています。
私も大好きなフラワーショップのものでした。

PC082872_convert_20161209112905.jpg

以上、近況ご報告まで!



mizum工房 手織部 始まりました! 




        mizum工房 手織部 始まりました!
       
         mizum工房織り部屋


       少しづつ、ホントに少しづつ準備を進めていた工房ですが、なんとか12月1日に開くことができました。
       まだ段ボールが残っていたり、足りないものもきっとあると思いますが、それでも人が集まる場所を
提供できた嬉しさと喜びを感じています。
       
       今はまだ機織り機の台数も限られていますので、元生徒だった方への限定のお誘いですが
       いずれまた、日にちを増やして行けたらなと思っています。

       そのうちホームページも作らなきゃですね。

       





       

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。